読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@halcocoh

イラストや漫画の感想などを徒然と

『桃太郎』

いやあ、作業するにも手袋が必要な季節になってきました。どういうわけか手汗がひどい。指の股の所だの手のひらだのから手汗が噴き出てくるからなんかちょっとやる気を削がれる。手袋が便利な季節になってきましたねー。

 

 

 

今日は一次創作の桃太郎描いてました。うん、うちの子可愛い。

自分のキャラクターはおしなべてかわいい。桃太郎なんか特に中学の頃から描いてるからもう10年選手なんじゃない。他に古いキャラクターっていったら『東京魔窟伝』の一行とか。連中が最古参、初めて描いた「オリキャラ」だし初めて漫画描いたのもあいつらだし。新しいストーリーをあげたけど、逆にボツにしたプロットから、今からならどういう物語が生まれるのか試してみたいところもあるよね。まあ昔っから国盗り物語が好きだったからそういう話になることは必至だけど。

 

今日見た記事でいくと、私は舞台設定を考えるのは多分めちゃめちゃ早いと思う。二、三キャラ並べてそいつらの関係性とか世界背景とか考えるのはつるつると出てくる。でもそれを起承転結のあるお話にしようと思うとすごく時間がかかって、さらにそれを作品という形にしようとすると後回し後回しにして締切りならぬ「死めきり」に殺されるパターンに陥る(テスト前とかそうだったなあ(遠い目

起承転、まではすっと出てくるんだけど、転を結まで転がし倒すあと一歩が出てこない。今日描いた桃太郎なんか良い例だよね、もう三ヶ月も結末ほったらかしだもの(遠い目(二回目

 

どんなかたちであれ物語には決着を付けないといかんなあと思う。何事も80%で投げ出すの良くない癖だ。それ以上は考えたくない!って思っちゃうの良くない。

うん、タスクあと一件、そうしたら新たにタスク設定して、桃太郎も書き上げような。

 

必要なのか必要じゃないのかとか、考えちゃいけない。だってプロじゃないもの。アマだからこそ、この物語を書くことは必要なのかとか考えないで、思うがままに書けば良いんだ。(というかそういう思考回路でいかないと私がつぶれる(

勢い!勢い!創作は思いついたが吉日だから、どんどこどんどこ形にしていこうな!

DANCE!

好きなんだなぁ、ボールルームダンス。やったことはないけど、近い振りを踊ったことはある。公演のオーディションかなんかだったんだけど、ペアで組んだ子と、もう楽しんでいこうねって、振りとかぐちゃぐちゃなままめっちゃ笑顔満面で踊ったら、意外や意外、一番に役が付いたという良い思い出。何事も上手くやろうとかどうこうとかより、思い切りよく「その先のこと」をやるのが大事だな、って、懐かしく思い出す。

 

 

絵とか表現とかで一番影響を受けてるのは漫画を読み込んだせいもあってバレエやジャズやコンテンポラリーだけど、ダンスとして女性の魅力が一番出てるなと思うのはボールルームダンスとかベリーダンスとかポールダンスとか。特にボールルームは独特の腰のしなりと足先の処理、というかクツが可愛いから好き笑

タンゴとかフラメンコとかも好きだよ。でもサルサとかルンバとかまでいくとちょっと違う。哀愁漂う薄暗い愛憎劇が好きなんだろうね。

描けるようになりたいなぁ、脇がかけない、脇が。ここ2年ぐらいずっと脇が描けない、肩が描けない、鎖骨と肩甲骨が描けないって言ってる気がする。ダンスは脇が描けてナンボなのにね。もっとまっしぐらに脇描かないと駄目だ。

 

好きだと思ったモノにまっしぐらになってる時が一番楽しい。当たり前だけど当たり前じゃない。

次から次にこんまい体調不良が襲ってきやがるから今日も今日とて体調万全じゃないんだけど、明日はありがたいことに休みだからいっぱい絵を描きたい。

 

あっそうそう体調不良と言えば、ここ何ヶ月か耳が詰まった感じに悩まされてたんだけどさ。高速道路でトンネル入った時になる詰まった感じのあれ。の、原因は「耳管狭窄症」とかいう「耳から鼻の間でほとんど空気の通りがない状態」でね、その耳管狭窄を悪化させてた原因がどうやら花粉アレルギーだったみたいなの。

とにかくくしゃみと鼻水と咳と痰が止まらなくて、それを治したくて病院行ったらアレルギーだって言われて、そのための薬飲んだら副次的に、それまではほぼ二十四時間右耳が詰まった感じあって日常会話にも支障が出てたのが、けろっと症状抑えられちゃったという。びっくりした。

耳が聞こえなくてストレスを感じるっていうのがなくなったのはほんっとでっかい。特に男性の低い声が聞こえないから夫との会話もままならないし、職場は男性の割合高いしで、何回も聞き直さないといけないとかそもそも話しかけられてることに気付かないとか、すっげぇストレスだったんだけど。それが無くなって生きやすくなった気がする。いやマジでマジで。夜道に車の走ってくる音聞こえないのとかただの危険に満ちた日常でしかないから。

耳が遠いな、詰まった感じあるな、って人はちゃんと耳鼻科行って検査するのをオススメしますよ。ほんっとに。

 

っていうよくわからないご報告をしつつ、今日はもう寝ます。昨日あまりにも仕事に行きたくなさ過ぎてゴネゴネしてたら完全に朝を迎えるっていうさ。今夜こそは夜が明ける前に寝る!

うん!

 

おやすみっ

版権vsオリジナル

以前の記事でも言ったけど、一ヶ月ばかし描いてたツイッタータグ版権シリーズ、ようやくやっつけた!すげぇやりきった感。いやそんな枚数描いてないし時間かかったの最後の方で息切れしたからなんだけど。

 

 

どこかでも言ったかな、私、版権はなるべく「寄せて」描くようにしてる。本物の素晴らしさを出来るだけ漏らさずに伝えたいっていうのもあるけど、「自分が描けない絵柄を描けるようにするのが楽しい」っていうのも大きい。

版権を寄せる「コツ」は、目鼻立ちと輪郭だ。あとあるとしてもせいぜい線の引き方が独特だとか、髪の描き方が独特だとか、頭身がいかれてるとか、プラス1個くらい帰れば、かなり「寄る」。

 

目鼻立ち、これはもうそのまま、目と鼻の描き方で、ほんとにすっごい観察して寄せるしかない。 顔面のうちどれくらいの割合を目が占めてるのか、その中でも黒目の大きさはどうか、どういうまつげの描き方してるのか、彫りは深いのか浅いのか、鼻はぺちゃんこなのかワシっぽいのか、鼻の稜線は描くのかどうか、鼻の穴はどうなのか、小鼻は。なんかそういうことをめっちゃ観察して、自分の手持ちの技術をたわめて歪めて矯めて、出す。めっちゃ難しい、けど、ココが決まればほとんど試合に勝ったも同然。

輪郭は目鼻立ちを引き立たせるものであり、その絵の「顔」を作るもの。ほっぺたの膨らみ方とあご骨・頬骨・おでこの描き方意識するとかなり変わると思う。自分の絵柄じゃない輪郭を描こうと思うと最初はめちゃくちゃ難しいけど、パターンがある程度自分の中にストックされると、自分の手持ちの一歩外くらいなら結構すんなり落とし込めるようになる。輪郭が変えられるようになるとかなり表現の幅が広がるから楽しいのなんの。顔面の輪郭描く時が一番楽しいかもしれない笑

あとは、髪の毛の描き方をちょっと似せて描くだけで、かなり本物に「寄る」気がする。私はそうして意識してるけど。(実際に寄ってるかどうかはわかりませんけど…

 

自分の絵柄で版権絵、の時は、カラーに逃げる。前に聞いたことがある、カラーの情報量はすごくて、多少の線画の狂いなんていうのはカラーで補って余りあるって。だからこそカラー絵を描く時はモノクロにしてみてつまらなく見えたらそれはつまらない絵と思って良い、みたいな話だった、ようなじゃなかったような。でも趣旨はそんな感じ。

絵柄を寄せない=キャラの持つ「記号」の再現度で「そのキャラだ」と認識してもらえるかどうかが決まる気がする。たとえば二次創作やってる人の絵柄が必ずしも本家と似ていなくても、「そのキャラにしか見えない」っていうのは、キャラデザの特徴を余すところなく自分の絵柄で記号として再現出来てるからなんじゃないかな。

私は自分が知らない版権を無理矢理描くっていうのをよくやるんだけど、この「記号化」が不十分なことが多いから、補佐としてカラーを使わざるを得ないんだよね。うーん、モノクロで出来るようになったらすげぇ良いなと思って最近グレースケール絵ばっかり描いてるからカラーも描けるようにならなければならない。ぐぬぅ。

 

私がモノクロ絵が好きな理由は単純で、自分が漫画贔屓だから。それだけかな。トーンの濃度から色味を想像するのが面白いし、モノクロ絵描きまくってモノクロで色味を想像する楽しみを思い出したから、まだまだモノクロ絵描くと思う。

特に読み込んだ漫画が『パタリロ!』で、ありゃもうトーンどころかカケアミや効果線だけで色を表現してるからどっひぇ~ってなる。私の大の苦手のベタも完璧で、なんで黒ベタだけでそのおしゃれさが出るかなっていっつも思うからね。

モノクロだけじゃなくて、トーンの使い方も覚えたいしカケアミもちゃんと描けるようになりたいね。やっぱグレスケでべたっと塗っただけだと味気ない。個人的にはトーン化してないとなんか「灰色」に見えないんだよなHAHAHA

 

Pixivリンクの表紙にもなってるのはいっつも言及してる『昴』ね!今日もフルシリーズで通し読みしてしまった。その中の好きなセリフ。

「バレエやってると、足の甲が伸びてないとか、手の位置が1センチずれてるとか、無茶な要求ばっかりで、気が狂いそうになるよ。でもその1センチや1ミリの、針の穴を通すような踊りが出来た時、自分の体に電流が走るような感覚を覚えることがあるの。バレエって楽しいね。」

版権絵を、特に寄せて描く時、あたしゃいっつもこんな気分!前にも記事に書いたけど、以前できなかったその1ミリ1ピクセルのラインが、今日は引けた。その感覚たるや。スバルじゃないけど、「イッちゃいそう」。笑 版権だと特にその1ミリ1ピクセルが大事だから、辛いし苦しいし、楽しい。

 

ツイッターでいいこと言ってた人いたな、「オリジナリティっていうのは、膨大な量の他人の作品を真似に真似て、その激流が流れた後の川床をさらって初めて見つかる金の粒だよ」みたいな。川をさらう、金の粒、って表現は言い得て妙だと思った。

そしてそのレスポンスとして「手塚治虫(だったかな?)が言ってた『でもオレは長編描いてる時とかは自分より上手いヤツの漫画は読まないかな、ヘコむから。』っていうのも好きだよ」っていうのも好きだよ。うん。

何枚も何枚も版権描いて、オリジナル描こうとすると、違和感が半端ないのね!歪めて矯めて動かしてた腕が、「自分の絵」の線の引き方は確かに覚えてるはずなのに、その通りには動いてくれないの。バランスの掛かり方が明らかに奇妙しい。違和感パない。でも、あれ?おかしいな?!って思いながら描いてると、何でか分からないけど、魔法のように、それまで描けなかったポーズが、表情が、スッと画面上に現れてくる!毎度毎度ほんっとに驚く。

 

なんか何言ってんのかよくわかんなくなってきたけど、とにかく版権描く時は妥協しない。寄ってない時は体力と気力が限界を迎えた時。そういうときは全部消す()そうして模写して培ったものを、一切合切忘却の彼方にぽぽいのぽいしてオリジナル描く、そうすると思いがけないモノがポンと生まれる。その瞬間のためにまた、クロッキーだのスケッチだの模写だのなんだの量産する。頭の中のイメージを出来るだけそのまま、出来るならそのまま以上の形でカンバスに起こすために。

延々終わんない。果てしない。よくわかんない。難しすぎる。一枚の絵を描くだけでいっぱいいっぱいだ。メシの種にもならないのによくやってると思うよほんと。なんの役にも立たないのによくやってるよ。自分の満足のためだけにやってるんだもんな、恐ろしいわ。

 

ハマってんだろうな。昔から、出来ないことを「モノにする」ことには躍起になる厄介者だから。出来ないことに悪戦苦闘することほど、自分が初心者であることを突き付けられることほど快感な事も無い。(変態だー!

 

 

前も載せた絵を性懲りも無く再掲する。気にしな~い、そのためのブログだもんっ()

オリジナルは版権やったあとに「誰だお前は」ってなるのが楽しい。作品を気にしなくて良いからね(テヘペロ

 

よくわからん、よくわからんから寝る。明日が仕事だなんて信じない。そんなの知らない()もう朝だ。おやすみ。

Slow Foxtrot

ファンアート描くつもりで資料探してたらクロッキーのほうにはまっちゃってファンアートがどっか行ったけど後悔はしていない() 

 

 

ダンス漫画は基本的に好きなんだけど、その中でも今回は『ボールルームへようこそ』とか『背すじをピンと!』とかの競技ダンス漫画の話。いやあ、競技ダンスっていいよね!↑の「スローフォックストロット」は『背すじをピンと!』のイメージがすっごくある。

競技ダンスもとい社交ダンスの何がいいって、「体のしなり」。これは私がやってたバレエとかジャズダンスとかにはなくて、たまに取り入れた振り付けがあるともう腹筋背筋がバッキバキになった記憶があります。

その「体のしなり」がよく描かれてるのが『ボールルーム』で、赤城兄妹があれやこれやを乗り越えたシーンで、妹ちゃんの体がものすごく鍛えられてる、ってことにみんなが気付く場面がすっごい好き。詳しくはぜひ本編を読んで欲しいんだけどさ。

ダンスとかバトルとかがよく描かれた漫画が好きなのは、鍛え抜かれた肉体が余すところなく描かれているから。それを見るのがすっごく好き。

『ボールルーム』は休載からしばらく読んでなかったんだけど、この間久しぶりに再開後の話を読んで、うぉおおおお!ってなったから、やっぱり通してコミックスで欲しいな!たたらとちーちゃんの行方がずっと気になってたから!

ダンス漫画はひいき目で見ちゃうけど、『背すじをピンと!』は読みやすいし、『ボールルームへようこそ』は絵が超私の好みだからみんなに布教したいです。(ほれほれ↓↓ 

 

 

 

 

 

他のダンス練習絵もくっつけとこ。

 

.

halcocoh.hatenadiary.jp

 

語りたいことだけ語って去る!では!

ストファイほくと&七瀬

 タグ絵ようやく終わった!後別のタグ絵2件でタスク終了だあ。

 

 

 

 

自分の絵が上手くなってるのかどうかよくわからないけど、去年描きたいと思ってたものを少ないストレスで描けるようになってるってことは上達してると捉えて良いのかな。

 

絵を描くのにストレスって必ず発生するものなんだよね。精神的なストレスっていうよりは、技術的なストレス。頭の中の像が上手く画面に現れないっていうストレス。意識的に以前の絵を見返して、前はこれが描けてなかったけど今は描けるようになってる、って、確認するのって結構大事なのかもしれない。でないと、ただずっと漠然とした描けないストレスに晒されてる人になっちゃう。

それよりは、以前の「描けない」は克服して、ソレとは違う「描けない」に直面してるんだ、って脳みそに認識させてやると、解決策が自然と見えてくるというか。少なくとも私の最近のもやもやはそれで解決されたかな。

 

ずっと、書けない描けないと思ってて、じゃあクロッキーしてみようとか、模写してみようとか、解剖学見直そうとか、オリジナルならいけるんじゃないかとか、版権ならいけるんじゃないかとか、UPする様式を変えてみたりとか、媒体すら変えてみたりとか、なんか暗中模索してて。いやーーーー、苦しかった!いや、今も苦しい!

で、その苦しい気持ちに囚われてると真っ白いカンバスが真っ白いままぴくりともしない。これがまた恐怖で、負のスパイラルに陥っていく。そうすると人の言葉とか評価の多寡だとかに精神が振り回されてまた良くない方向に落っこちていく。いや落っこちていたなう。

 

それ踏みとどまれた、いや、そうじゃないんだって思えたのが、上記の、「昔の絵と比べてみる」ってやつ。去年描きたかったポーズが描けてる。一昨年描きたかったポーズが描けてる。手の向きいっこ、脚の動きいっこで、スポッと、なんか詰まってた栓が外れることがある。

思いもよらなかった。肩をずらす動きが描けなかったのが、今日ぽろっと描けた。手前に突き出てるとか、奥に伸びてる、とかいう表現が苦手だったのが、今日ぽろっと描けた。(いや実際に描けてるかどうかはわからないけど私の中ではそんなすんなりアタリが取れるなんてあり得ないことだったんだ。)

描けないところにしがみついて、八つ当たりするようにクロッキーしてたのは間違いではなかったんだなぁとしみじみしつつ苦笑しつつ。

 

アクションが好きでアクションをよく描いてた、それからしばらく離れる期間があった、そうしてまたアクションを描いてみようと思ったら自分が思ってた以上に自分を過信してたことに気付いた。全然アクション描けないじゃんってことに気付いた。

でも気付けて良かった。まだ知らない動きがあるじゃんって気付けて良かった。またアクションとかバトルが好きになった。畏敬の念を忘れちゃいかんな。

 

体調万全じゃないしまたすぐ落っこちるだろうけど、落っこちながらもちょっとずつブレイクスルーしてることを忘れずに。微々たるモノだからすぐ見失う。見失わないようちょっとポエムった。笑

 

 

線画までのメイキング↓


ライブストリームチャレンジ

 

 ほくと練習絵↓

halcocoh.hatenadiary.jp

 

それではですね。描けるウチに描いちゃいましょう。また後ほど。 

イケメンと美形とハンサムと

ツイッターで流行ってる「#イケメンと美形とハンサムの描きわけ」っていうお題で一枚。

 

  

美形はともかく、イケメンとハンサムの違いが分からなくてな!一週間ぐらい「うちの子だったらどいつがイケメンになるんだろう~~~」って悩んでました。悩みすぎや。

結論としては、「イケメンは現代っぽいチャラい子か、顔立ちは並でも中身がイケメン」「ハンサムは年取ったらダンディなおじさまになりそうな感じ」っていう判断基準で決めました。尚耀とか「よく見たらイケメン」っていう設定はあったけど、ぱっと見でイケメンかどうか微妙だから「好みの顔」にするかまよった~

 

タグ遡りで他の方の見てみても、美形はみなさん美形らしい美形を描かれてるんだけど、イケメンをチャラくするかハンサムをチャラくするかが結構分かれているような。チャラいというより「遊び慣れしてそうかどうか」みたいな?

個人的には「イケメン」の方が雄々しくて、「ハンサム」の方がスマートに聞こえるんだけど、みなさんどうなのかな?(漫画とかで「イケメン…抱いて…!トゥンク」ってなってるシーンって大体猛々しいシーンが多いような気がするというか。)

しかしハンサムって言葉、良いですね、そこはかとなくダンディズムも漂わせつつ、英語とかだと女性に対してもハンサムと言うことが出来る訳で、なんかとってもおいしい言葉と再会した気がします。とてもよい。

 

女性版とか美少年版とか、気が向いたら遊んでみたい題目だなっと思いました。(「美形」はたいていワンレンだろうから乞うご期待笑)面白いタグを作ってくれた方に感謝。

 

ペン入れの様子はこちら↓。

 

 

それではまた。 

リハビリテーション

タグ絵最後はストリートファイターEX3から北斗と七瀬の二人にしようと思ってリハビリテーション。左向き(画面上手向き)の顔はやっぱ表情が能面のようになるので反省反省…。

 

 

ストリートファイターはゲームをやらない私に唯一ゲームダコを作らせたゲームなのですごい思い出深いです。

特に女性キャラをよく使ってて、北斗は一番使ってた。エフェクトがキレイで好きだったんですよね。七瀬はストーリーもよくわからないまま、北斗と一緒に使うとオープニング画面がなんか違う?と思ってセットで使ってました笑 でも結局七瀬も棒術がびよんと伸びるのが便利で普通によく選んでたかなあ。

やり始めの頃はチュンリーが好きで、戦う女の脚はムキムキであるべしというこだわりはチュンリーから始まったような気がしますタハハ…女だらけのチームとか作ってストーリーモードやりこんでたなあ。

(あとは、溜め技出来ないくせに見た目が好きって理由だけで、バーチャファイターで頑なにヴァネッサ使ってた記憶も…強い女が好きなんですね結局ねヴァネッサ格好良いよう)

 

なんとはなしにライブストリーミングしてたのでこちらも↓そっと置いときます。ようつべのライブストリーム、設定には苦しんだし今も接続切れ事案頻発してて改善の余地有りなんですけど慣れたら結構使いやすくて重宝してます。みんなもライブストリームしよう。ワンドロとか特にライブしよ。楽しいよ。おいでよおいでよ(沼に引きずり込む作戦

 


ライブストリームチャレンジ

 (↑から↓の間にハタと「北斗は棒持たないじゃん」って気付いて修正してます笑)


ライブストリームチャレンジ

.

ではまた。